口臭が気になる人はタバコとコーヒーを控えよう

口臭が気になる人はタバコとコーヒーを控えましょう。
タバコは唾液の分泌を減らしてしまう効果があるために口臭予防には向きません。
タバコのニコチンは口の乾燥を引き起こします。

もちろん健康によくありませんし、いろいろな観点からも口臭対策に良いとは言えません。
あまり口臭が気になるという人は喫煙を控える方がいいでしょう。
またコーヒーにも胃炎を引き起こしたり、唾液の分泌が減ってしまう効果があります。
しかも喫煙者はコーヒーが大好きなので口臭がキツイという傾向になります。
口臭を気にするという人はこれらを減らす方がいいでしょう。
口臭対策をするうえでこれらのことは非常に重要なのです。
実は唾液が減ると口臭がでるといわれている原因は歯周病菌と関係があります。
唾液の分泌が減ると口臭を予防するための体内の自浄作用が弱まるからです。
唾液には口臭を予防する効果、歯周病を減らす効果があるとされています。
もともと唾液は体内に侵入する悪い菌をやっつける効果があるので、口臭予防には唾液の分泌が必要と言われるくらいなのです。
ですので口臭を予防したいのであれば唾液の分泌を妨げる食べ物、つまりコーヒー、タバコなどを控えるのがいいのです。

口臭をなんとかしたいのであればこれらのことをしっかり意識付けるべきです。
ほとんどの人は口臭予防というと大抵が歯磨きをイメージしますが、そうではなく唾液をたくさん出させることが重要なのです。
歯磨きだけでは防げる口臭は限られてしまうからです。
口臭は体の自浄作用も関係していますのでこれらのことをしっかり意識づけしましょう。

口臭対策